西澤株式会社

西澤株式会社は中近東・アフリカ・中国を中心にした輸出入貿易を行う会社で
「西八」は西澤株式会社のブランドです。

サイトマップHOME
ご挨拶
会社概要
西澤の歩み
営業部
海外事業所
採用情報
お問い合わせ
西澤の歩み
     
 
1915年 西澤八三郎商店として創業
捺染綿布輸出専門商社のパイオニアとなる
1931年 株式会社西澤八三郎商店に改組
1949年 香港駐在事務所を開設
(1969年に現地法人 NISHIZAWA (HONG KONG) LIMITEDに改組)
西澤株式会社として改称
1952年 東京支店設立
1958年 ( 第二次世界大戦後の海外進出拠点設置の開始)
ニューヨーク駐在事務所開設
(1966年に現地法人に改組、ロサンゼルスに本拠があった子会社 NISHIZAWA (U.S.A.) LIMITED の前身)
ラゴスナイジェリア)駐在事務所を開設
モンバサケニヤ)駐在事務所を開設
1961年 カノナイジェリア)に於いて現地資本と共同出資で毛布製造一貫工場を設立
日本企業による西アフリカ向け投資の第一号となる。(NTML社)1999年現地資本に売却。
1965年 ラゴスに現地商社と共同出資で紡績、織布、捺染加工の一貫工場を設立
プラント輸出及び技術援助契約を締結。(AFPRINT社)2002年現地資本に売却。
ダルエスサラームタンザニア)に駐在事務所を開設
1969年 大阪府四条畷市に「なわてボウル」を建設、同時に西澤興産株式会社を設立しボウリング場の経営を委託する。
カノ(ナイジェリア)に於いて、綿、合繊織布、加工工場の設立に参画
ラゴス(ナイジェリア)に於いて、単車組立工場設立に参加、部品、資材及び技術供与を行う
1974年 東アフリカ、ザンジバル政府向け「船舶」(MAPINDUZI号)輸出成約、引渡し、子供用遊園地建設など幅広い技術協力を行う。
1976年 ドバイ駐在事務所を開設
(1989年に支店に昇格、ジュベルアリフリーゾーンに本拠を移し現在に至る)
1979年 フランス駐在事務所を開設
1980年   タンザニア向け円借款による2隻の船舶輸出を成約
1982年   円借款によるキリマンジャロ州地方電化計画受注、アフリカに於ける地方電化計画に向けて建設、技術協力、機材供与に注力して行く第一歩となる。
1984年   子会社(株)ニシラインサービスを設立、保険代理業他サービス業をスタートさせる。
1985年   上海駐在事務所を開設
1986年   アクラ駐在事務所を開設
1989年   日本政府の無償資金協力による、ガーナ地方電化計画を受注、その建設、機材供与に携わる。
リロングェマラウィ)駐在事務所を開設
1996年   日本政府の無償資金協力による、ガーナアセセワ・イエジ地区電化計画を受注し、その建設、機材供与に携わる。
日本政府の無償資金協力による、タンザニアキリマンジャロ州配電網整備計画を受注し、その建設、機材供与に携わる。
マプト駐在事務所を開設
1997年   日本政府の無償資金協力による第三次ダルエスサラーム電力供給拡充計画を受注し、その建設、機材供与に携わる。
2002年   対中商活動の一層の強化・促進のため、上海外高橋保税区内に現地法人「尼西則瓦(上海)貿易有限公司」を設立。
大阪府四条畷市において既設のボウリング場敷地内に「四条畷スポーツドーム」を併設、スポーツ/レジャー産業への取組みを強化。
2005年   中東オマーン首国にてダイソー第1号店開業に携わる。
創業90周年行事を盛大に開催。特別配当実施。
2008年   日本政府の無償資金協力による、ウガンダ共和国第二次地方電化計画及びガーナ共和国地方電化計画を受注し、その建設、機材供与に携わる。
2009年   日本政府の無償資金協力による、モンゴル国ダルハン市給水施設改善計画を受注し、その建設、機材供与に携わる。
2010年   東オマーン首国にてダイソー2号店開業に携わる。
2011年   西アフリカ諸国では、最大口径のERWパイプ製造ラインの設置、稼働を終え完工する。
2012年   中東オマーン首国にてダイソー3号店開業に携わる。
日本政府の無償資金協力による、ルワンダ共和国電化案件を受注、3年に渡る機材調達、その据付に携わる。
ヤンゴン(ミャンマー)駐在員事務所を開設
2013年   ミャンマーの現地企業と香港現法の協同でヤンゴンを拠点に輸入卸売事業を立ち上げ営業活動を開始する。
子会社の西澤興産鰍吸収合併し、本社のスポーツ事業部門として運営を始めました。
2014年   台湾に於いて現地資本及び日本のメーカーと共同出資で維佳山王有限公司を設立
2015年   創業100周年を迎え、記念行事を盛大に開催。特別配当実施。